保湿ジェルと保湿クリームの違いとは?効果があるのは?| 保湿クリーム人気情報

MENU

保湿クリーム

 

肌老化を遅らせる、肌トラブルを防ぐためにも必要な保湿ケア。

 

そのため、保湿化粧品にもいろいろなアイテムがあり、保湿クリームをはじめ、保湿効果のあるオールインワンジェルなどもあります。

 

今回は、保湿クリームと保湿ジェルの違いについて。

 

そして、保湿効果を求めるのであれば、どちらを使えばいいか?をお伝えしていきますね。

 

保湿クリームの特徴とは?

保湿クリーム

 

肌にはバリア機能が備わっていて、その働きは肌表面の皮脂膜、その次に角層の部分が担っていて、肌の水分蒸散を防いだり、外部刺激から肌を守ってくれています。

 

お肌の表面に膜を張って、バリア機能の働きの代わりになってくれるのが保湿クリームです。

 

化粧水や美容液で水分や美容成分を浸透させたに塗って、水分や美容成分が蒸発するのを防いでくれるとともに、乾燥やホコリなどから肌を守ったり、アレルゲンの侵入を防ぎます。

 

そんな保湿クリームには油分が多く、エモリエント効果が高いのが特徴です。

 

配合成分は乳液とよく似ていますが、保湿クリームの方が油分が多く配合されています。

 

そんな保湿クリームの中にも3つのタイプがあります。下にいくほど保湿効果が高いクリームです。

 

弱油性クリーム

水分に油分を溶けこませて乳化したタイプで、油分が10〜25%で、使用感がさっぱりしています。

 

中油性クリーム

水分に油分を溶けこませて乳化したタイプで、油分が20〜50%で、一般的な保湿クリームはこのタイプが主流です。

 

油性クリーム

油分に水分を溶けこませて乳化させたタイプで、油分は50%以上配合されています。こってりとコクのあるタイプの保湿クリームです。

 

保湿ジェルの特徴とは?

保湿クリーム

 

保湿クリームよりもさっぱりした使用感の保湿ジェル。

 

一般的には、水とグリセリンを主成分として、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分やスクワランなどの油分を加えたものです。

 

油分はクリームに比べて少ないのが特徴で、ベタつきが苦手という方にも人気なのが保湿ジェルです。

 

オールインワンジェルは、化粧水や乳液の役割も果たしてくれるアイテムで、肌に浸透しやすい保湿成分と肌の表面に残ってバリア機能の働きをしてくれる油分とがバランスよく配合されています。

 

しっかり保湿効果を求めるなら?

保湿クリーム

 

保湿クリームか保湿ジェルかを選ぶのには、使用感の好みもありますが、しっかり保湿効果を求めるのではれば、断然「保湿クリーム」を選びましょう。

 

保湿ジェルにも保湿成分が配合されていて、肌をしっとりさせてくれますが、やや持続力にかけます。

 

普通肌や脂性肌の方にはおすすめですが、乾燥肌、敏感肌で肌トラブルを起こしやすいというのであれば、保湿ジェルよりも油分の配合率が多い保湿クリームがおすすめです。

 

特に、秋冬は空気が乾燥して、皮脂分泌量も低下しバリア機能の働きも弱くなります。

 

夏の間は保湿ジェルでも潤っていたお肌も秋冬にかけたは、保湿クリームに切り替えることをおすすめします。

 

バリア機能が低下した肌におすすめの保湿クリーム

保湿クリーム

空気の乾燥から肌を守ってくれるおすすめの保湿クリームです。

 

敏感肌専門ブランド ディセンシアから発売されているクリームで、ディセンシア独自のヴァイタサイクルヴェールという技術が採用されています。

 

ヴァイタサイクルヴェールは、粘土「モンモリロナイト」を主成分とする「ベントナイト」に有効成分を配合して、お肌にバリア機能の代わりとなるヴェールを形成してくれるという技術。

 

さらに、乱れた角層内部を整えて、肌本来のバリア機能を高めるための成分「ヒト型セラミド」を極小カプセルに他の保湿成分と一緒に詰め込んだ「ヒト型ナノセラミド」を配合。

 

人間が持つセラミドと同じ構造のヒト型セラミドをナノ化したカプセルに詰め込んでいるので、肌に浸透しやすく、そのカプセルが浸透しながらほどけるので、角層全体にセラミドが広がります。

 

そんなヴァイタサイクルヴェールというディセンシアの特許技術が使われていて、しっかり肌を保湿するのにおすすめなのが、ディセンシアのこの2つのシリーズのクリームです。

 

  • エイジングケアシリーズ アヤナスASクリーム
  • ディセンシア初の敏感肌ケアコスメ つつむフェイスクリーム

 

いずれもヴァイタサイクルヴェール採用のクリームで、敏感肌のケアをしながらも、美肌に導くクリームです。

 

アヤナスは10日分、つつむは14日分のトライアルセットがあり、30日間の全額返金保証で、もちろん送料無料です。

 

アヤナスASクリーム つつむフェイスクリーム

保湿クリーム


敏感肌、乾燥による小じわ、ほうれい線、毛穴の開き、皮膚のたるみなどの年齢肌も気になるなら、エイジングケアも同時にできるアヤナスASクリームがおすすめ。

 

自らコラーゲン生成できるCVアルギネートを配合し、肌の内側からふっくらと弾力あるお肌に導いてくれます。

 

>>>アヤナスの10日間トライアルセット全額返金保証付きはこちら

保湿クリーム


カサカサ乾燥肌におすすめ。20代の女性に人気の保湿クリーム。3つのテクスチャーから選べるので、肌の乾燥具合、季節によってお好みの使用感のクリームを選ぶことができます。

 

14日間分のトライアルセットの中に3タイプの保湿クリームがあり、すべて試すことができます。

 

>>>ディセンシアつつむ14日間分トライアルセット 全額返金保証付きはこちら

関連ページ

保湿クリームの使用期限
保湿クリームの使用期限についての紹介をしています。
保湿クリームパックでスペシャルケア
ディセンシアの商品企画部の石塚さんに、アヤナスASクリームを使ったスペシャルケアを教えていただきました!
保湿クリームの効果について
保湿クリームが必要なのは、ちゃんとした効果があるためです。保湿クリームの効果を知って、正しく使いましょう。
敏感肌には保湿クリームが効果的
敏感肌は、肌のバリア機能が低下しているため、保湿クリームで外部刺激から肌を保護することが効果的です。
生理前に起こる肌荒れの原因
生理前に起こりやすい肌荒れの原因を紹介しています。
春先のゆらぎ肌
春先など、季節の変わり目に起こる「ゆらぎ肌」の原因についてご紹介しています。
保湿クリーム ワセリン
保湿に効果があるというワセリンについての説明です。
保湿クリームの塗りすぎは逆効果
保湿クリーム、塗ればそれだけ効果があるのかというとそういうわけではありません。逆効果になることもあります。
保湿クリームと乳液の違い
保湿クリームと乳液、どう違うの?どちらも使うべき?の疑問にお答えしています。
保湿クリームとして「ニベア」が優秀な理由
高級クリーム ドゥ・ラ・メールと成分がほぼ同じと話題になった青缶のニベアクリーム。そのニベアクリームが保湿クリームとして優秀な理由をご紹介しています。
保湿クリームの使い方を理解しよう
保湿クリームの正しい使い方を理解して、保湿クリームの効果をより高めましょう。
保湿クリームで日焼けを防ごう
保湿された肌は紫外線のダメージにも強くなります。lシミを作らないためにも、保湿は必須です。
カサカサ肌対策!秋冬コスメに切り替えてしっかり保湿
秋冬のカサカサ肌。。。季節の変わり目の肌荒れ、夏のダメージが原因かも?秋冬コスメの選び方を紹介しています。
シワやタルミを引き起こす潤い不足について
乾燥肌は老けて見えると言われるように、シワやタルミはうるおい不足によるものです。そんな潤い不足のお肌についてご紹介しています。