お肌の悩み別 人気ランキング|人気の保湿クリームの口コミ情報

MENU

お肌の悩み別 人気ランキング|保湿クリームおすすめ人気情報記事一覧

 

いつもカサカサで粉を吹いたような乾燥肌。見た目にもいい印象ではありませんが、お肌にとっても悪影響。カサカサ肌は、皮膚内部のセラミドが不足していることによって、水分を保持する機能、さらには、肌を外部刺激から守るバリア機能が低下しています。こうした状態のお肌は、乾燥や紫外線はもちろん、花粉やほこりなどのアレルゲンからの攻撃にも弱く、肌荒れ、炎症、吹き出物など、肌トラブルを起こしやすく、いつでも敏感肌に...

 
 

皮脂分泌が過剰なことで開く毛穴は、主にTゾーンが多いのですが、乾燥による毛穴の開きは、小鼻の横の頬のあたりに多く見られます。これは、水分不足によって乾燥した肌が、ハリや弾力を失って、たるみを引き起こすことで、縦長のしずくのような形の毛穴が開いてしまいます。このような毛穴の開きは、保湿ケアをすることで改善されることが期待できます。乾燥によるたるみ、毛穴の開きにオススメの保湿クリームをご紹介します。デ...

 
 

ほうれい線を消すというと、顔筋マッサージとかストレッチとか思いつきますが、肌が乾燥することでも、ほうれい線が目立ってきます。肌内部の水分保持機能が低下したり、バリア機能が低下して、水分が蒸散しやすくなっていると、ハリや弾力が失われて、ほうれい線がくっきり。。。しぼんだ風船のようなイメージ。ほうれい線を消すには、乾燥肌の改善が必須です。肌内部にセラミドを増加させて、水分が保持できるようにする、バリア...

 
 

顔の中でも皮膚が薄いため、水分が失われやすく、ハリや弾力がなくなってくるのが早いため、小じわやたるみが最も早く気になり始めるのが目元です。果物や野菜が乾燥してくると、しなーっとしわしわになってくるように、お顔も水分が足りなくなると、ハリがなくなってきます。また、笑ったりすることで、表情じわができやすい部分でもあります。そんな目元の小じわを改善するには、しっかりとした保湿ケアが必須です。専用の目元ア...

 
 

思春期の皮脂分泌が活発に起こるときにできるニキビとは異なり、乾燥肌であることから起こる「乾燥ニキビ」は、皮脂分泌量が低下した20代以降から増えてきます。肌が乾燥しているということは、肌のターンオーバー(皮膚細胞の生まれ変わり)が乱れています。本来であれば、約28日周期で剥がれ落ちるはずの角質が剥がれ落ちずに、皮膚表面に残ってしまい、毛穴を詰まらせニキビを発生させてしまいます。ここでお手入れを間違う...

 
 

肌の乾燥が進み、かゆみが発生するときというのは、肌のバリア機能が低下して、ホコリや花粉など、アレルゲンの原因となる外部刺激に肌に侵入してきて起こります。これがさらに悪化すると、赤くなって炎症を起こします。バリア機能が低下してしまった肌は、こうした痒みや炎症を繰り返すようになります。本来であれば、乾燥を感じたときに対処するべきですが、ストレスやホルモンバランス、体調によって、一時的にバリア機能が低下...

 
 

女性の多くが敏感肌に悩まされている現代。しかし、医学的には「敏感肌」という肌質は存在しません。乾燥肌が悪化して肌のバリア機能が低下することで、肌が敏感に外部刺激に反応してしまうのを「敏感肌」と読んでいます。常に、肌が敏感な人もいますが、生理前、ストレスが溜まったとき、季節の変わり目だけ肌トラブルを起こしやすい人もいます。季節や体調の変化によって肌トラブルを起こす肌を「ゆらぎ肌」とも呼ばれるようにな...

 
 

化粧水や乳液、美容液、クリームといったスキンケアに必要なアイテムを1つに凝縮しているオールインワンゲルは、洗顔後のお手入れがそれだけで完結するため、時短スキンケアとしても重宝します。しかし、少し前のオールインワンゲルは保湿力に乏しく、乾燥肌には不向きなものというイメージでした。それが、最近では、さまざまなオールインワンゲルが開発され、高保湿なオールインワンゲルも多数発売されるようになりました。オー...